初春の喜び

初春の喜び

2015年7月4日土曜日

コール・リーベの美しい歌声

こんばんは。
今日は多良愛のなかまと一緒に揖斐川町の旧春日村に行って来ました。
お昼は春日モリモリ村で薬膳料理を食べてきましたよ。

ご存知の方もあると思いますが、旧春日村は伊吹山の東麓にあり、昔から薬草が豊富にあることで知られてきました。また、ものすごく葉っぱの大きなサワアザミがあることでも有名です。現在は過疎化が進み、将来に不安を抱いている方が多いことは上石津も同様ですが、すばらしい景観が残る、美濃の秘境です。

今回は久々の春日訪問でした。
その様子は、また来週にでもお伝えしたいと思います。

さて、先日、「多良ふるさと通信」の取材で、多良公民館(上原のメインセンター)のアリーナで練習されている「コール・リーベ」のみなさんにお話しをうかがってきました。
ソプラノの美しい響きが素敵でした。
 
コール・リーベでは、月に1回か2回、火曜の夜7時半~、練習をされています。
メンバー、大募集!だそうです。
リーベとはドイツ語でLOVEの意味だそう。
愛を歌うって素敵ですね。

興味をもたれた方は、ぜひ、練習の様子を御見学ください。
くわしくは7月号の「ふるさと通信」にて!



0 件のコメント:

コメントを投稿