日本の原風景 レンゲ田

日本の原風景 レンゲ田

2015年7月1日水曜日

多良星空クラブ 定期便 7月の星空

こんばんは。
最近のクマさんは滋賀県東近江市の山中にいるようです。
移動範囲が広くてびっくりですね。

さて、多良星空クラブの吉田さんから届いた定期便です。
ご披露するのが遅くなってごめんなさい。


多良星空クラブの吉田です。

毎年のことですがこの時期はなかなか晴れ間がなく、退屈な日々が続きます。
夕べは久しぶりに早い時間から晴れていましたので、夜中の2時くらいまで星見をして
いました。1時頃に月が沈むと同時に天の川がふわーっと現れ、なかなか感動的でした。

これから数日の夕方は、西の空で金星と木星がめったに起こらないほどの大接近を見
せてくれます。
天気予報は良くありませんが、もし晴れたら夕方から日暮れの西の空を見てください。
今日はよく見えていました。

さて、7月の星空です。
6月下旬から7日頃まで 夕方の西の空で木星と金星が近付いて見えます。
特に6月30日と7月1日は双眼鏡はもちろん、望遠鏡の狭い視野にもおさまるくらい近付きます。
2日 満月
7日 七夕
9日 下弦の月(明け方南の空に見える半月)
10日 金星が最大光度(-4.5等)
16日 新月
18日 星空観察会(晴れれば天の川と夏の星座、土星が見えます)
19日 夕方の西の空で細い月と金星が近付いて見えます。
24日 上弦の月(夕方南の空に見える半月)
26日 土星と月が近付いて見えます。
31日 満月

惑星の様子です
金星 夕方西の空に明るく輝いています。(宵の明星)望遠鏡で見ると三日月のような
形になってきています。

木星 夕方西の空で金星とともに輝いています。しかし、月の後半になるにつれ金星
とともに低くなりますので、そろそろ見納めでしょう。

土星 夜の始めから南の空にあるさそり座の頭の辺りに見えています。観察会一番の
人気者がいよいよ今年一番の見頃を迎えます。


0 件のコメント:

コメントを投稿