このブログを検索

2018年4月22日日曜日

上石津郷土資料館企画展の御知らせと大河ドラマ「明知光秀」

こんばんは。
今日はとっても暑かったですね。
私は知人に誘われて、白鳥の道の駅「しらお」に出店しておりました。
まったく初めての所でしたが、奥美濃の方々の人情を感じました。
5月20日の「かみいしづ里山マルシェ」に出店していただく大垣の「カンティーナ」さんも出店されており、ブラジルのサンバドッグとガラナという清涼飲料水を頂きましたが、どちらも激ウマでした。
特にサンバドッグはウインナーの上に細かいフライドポテトがのせられていて、これがまたおいしい。
ぜひ、マルシェで食べてみてくださいね。



さて、上石津郷土資料館よりお知らせです。


上石津地域の石文(石碑)を紹介する企画展。今回は、上石津地域に残っている「道しるべ」を紹介します。
上石津地域には、九里半街道、伊勢西街道、江州街道などの街道があり、遠い昔から人と物が往来してきました。道には旅人の道中案内をはかるための道しるべが多く所在しています。明治時代後期以降、交通手段は鉄道の開通、自動車の普及などにより大きく変わり、街道の「道しるべ」はその役目を終えたと言われています。「道しるべ」を大切な歴史の道の証人として展示します。
この企画展では、現在大切に保存されている「道しるべ」の実物1基と、上石津地域内だけでなく近隣市町(関ケ原町、養老町、三重県いなべ市)にある、上石津地域の地名などが記された「道しるべ」も紹介します。


○要領
    開催期間 平成30年4月28日(土)~平成30年7月16日(月・祝)        休 館 日   毎週火曜日、5月2日(水)・7日(月)
   開催時間 9時30分から17時00分 但し入館は16時30分まで
   開催場所 大垣市上石津町宮 
上石津郷土資料館 新館展示室

   企画展名 上石津の石文 ~其の壱~ 道しるべ
 
○主な展示物
・上石津地域内の「道しるべ」:パネルでの紹介14基(予定)
               ※(一部消失したものあり。)
・上石津地域内に保管されている実物「道しるべ」1基
・近隣市町(関ケ原町、養老町、三重県いなべ市)にある、上石津地域の地名などが記された「道しるべ」パネルでの紹介13基(予定)
※(一部消失したものあり。)
  他

○入館料
   一般 100円、但し、高校生以下は無料、20人以上の団体は半額

○連絡先
    大垣市上石津郷土資料館 〒503-1625 大垣市上石津町宮237-1
    Tel0684-45-3639   Fax0584-45-3639     

だそうです。

ところで、2020年の大河ドラマの主人公は、明智光秀だそうですね。

この明智光秀、実は多良の生まれという説があるのはご存でしたか?

山崎の戦いで亡くなった後も、実は高野山で生きていたとか、南光坊天海が実は光秀であるとかいろいろな説がまことしやかに唱えられているのも事実。

大河ではほとんど資料のない青年期から書かれるとのことですが、ダメもとで、村おこしの一つとして名乗りをあげてみてもよいのではないでしょうか?

私が初めて明智光秀多良出生説を読んだのは、亡き辻下栄一先生が、広報かみいしづに書かれていた話を読んだときでした。
当時、広報の裏表紙に歴史コラムが書かれており、私はそれを読むのを楽しみにしていました。
その後、学研の「明知光秀」という本にも載っていると書かれていたため、本屋で立ち読みして確認したところ、当時、確かにそういう説があると載っておりました。

江戸時代より前の文献というのは、現存しているものはあまりないらしく、資料の信ぴょう性がどこまであるのかわかりませんが、ここしばらくは謎多き男・光秀から目が離せませんね!

詳しくは上石津歴史資料館へ、どうぞ!

気の早い人の間では、早くも光秀の墓もうでが始まっているようですよ。





2018年4月21日土曜日

新緑の季節 のどかな里山のまち・多良をドライブ♬

週末、暑くなりそうですね。

昨日はとっても気持ちの良い日でしたので、プチドライブに行って来ました。
私は多良からいなべの方に向かって走るのが、とても好きです。
信号がないし、なんといっても鈴鹿山ろくを走るのは気持ちがいいです。

今、緑の村公園横が片側通行で、時間帯によってはとても混むので、今日はちょっと上に回ってみました。

これは時地区。
唯願寺さんの前の菜の花畑です。
大根の花とのコントラストがとっても綺麗。
里山ならではの景観ですね。


これは緑の村公園の上の道。
こんな眺望のよい所もあるんですよ。
それにしても緑の村は広い。
いったいどこまでがそうなのか、いまだにわかりません。

こんな白い花も咲いていました。
馬酔木の花も今が盛りのようです。

かつてバンガローがあったところ。
今ではこんな石碑がたっています。
なんだか物悲しい気も・・
遅咲きの八重桜が一本、見事に花を咲かせていました。
お弁当もってきて、ひとりピクニックも良いかもですね。

まもなく山藤が咲き始めることと思います。
田んぼのしろかきも始まっています。

あなたも多良をプチドライブしてみませんか?

桑名市から約1時間。
岐阜からも約1時間。
関ケ原からは15分。
京都からは高速で約1時間半です。

多良を動かす 新・多良まちづくり協議会まもなくスタート

こんばんは。

昨夜は多良まちづくり協議会の役員会が開催され、まもなくスタートする多良まちづくり協議会の人事についての話し合いが行われました。


今年は
総務部会(移住定住)
広報部会
スポーツ文化部会
防災&生活安全部会
福祉部会
自主活動部会
の五つの部会です。
特に、これまでまちづくり協議会の中に入っていなかった福祉部会ができたことで、
日頃福祉の分野で御世話になっている方々にもご参加頂けるのではないでしょうか。

来月にはまちづくり協議会の総会が行われるもようです。
動くまちづくり協議会を目指して、Go!です。





2018年4月16日月曜日

今年もやります! 多良文化祭

こんばんは。
新年度を迎え、新しいスタートが切られました。

今夜は今年度の多良地区文化祭についての話し合いがもたれました。
最初に三宅連合自治会長兼多良まちづくり協議会会長があいさつ
「とても感動したし、本当に機が熟したのだと思う」との感想を頂きました。
その後、
・日程について
・景観写真コンテストについて
・展示関係について
・舞台関係について
・ワークショップ開催について
・バザーについて
・実行委員(運営委員)について
・会場準備について
・PRについて
・費用について
それぞれの責任者及び出席者から忌憚のない意見が出され、おおいに盛り上がりました。
多良だけでなく、将来的には上石津全町で開催したい。
時地区と合同でやってもいいのでは?
他の地区との情報交換も必要
オープニングがもんでこ太鼓で始まり、市長さんにも見てもらえてよかった。
展示スペースの確保が大変だった。
作品の点数や大きさが事前にわかると良い。
ワークショップスペースは入口から見える所で良かった。
などという意見がだされました。

結果、今年度の開催も決定!
前年度の反省を生かし、今年も実りある文化祭にしていきたいと思います。
皆様方のご協力、どうぞ、よろしく御願いいたします。

次回の運営委員会は5月中旬です。

2018年4月11日水曜日

公民館講座、締切迫る!

こんにちは。

先日お伝えした公民館講座の申し込みうけつけが今週末に迫っております。

現在、歴史を訪ねて講座はほぼ満席
編み物・きり絵・里山ごはんはまだ余裕があります。

開講は5名以上です。

上石津地域教育事務所及び各支所で受付しております。

迷っていらっしゃる方がありましたら、教育事務所にご相談ください。

2018年4月10日火曜日

上石津の特産品・たあちゃんのこめ米たまごのマヨネーズ、新発売!

こんばんは。
今日はかなり温度があがり、おかげで鼻の調子はずいぶん改善されました。

ところで、昨日のレココンの写真をまったくアップしていなかったことに気づいたわたし・・
いまさらですが、アップしますね。


やぎたこさんLIVE!
私はあとで、辻井さんが弾かれていたオートハープに触らせてもらいました。
すばらしい音色に感激です!
10月に緑の村公園で行われるマウンテンタイムフェスティバル(安川直樹さん主催)に来岐されます。
ぜひ、聴いて下さい。


MCを務めて下さっているムジカ社長
真壁征生さん
レココンにはなくてはならぬ人です。
ドイツ・クアドラル社製のスピーカー
はすばらしい音色でした。
今度、名古屋で移住定住の関係でも
レココンをされるようです。


パワー全開!おどる住職。
ジュリーの「勝手にしやがれ!」
で帽子飛ばしてました。



レコードを書け終わって最後は、リスナーの皆さんでレコードを持ってきて下さった方の
思い出のレコードをかけてもらえます。
パンカフェみわのめぐさんは、初めて買ったレコードを
そして、下の男性は私の知人。
今日は岐阜市から百恵ちゃんのレコードをもって駆けつけてくださいました。
この後、娘さんと奥さんの待つ京都へ!


最後はジャンケンポン!で住職に買った人は、下の紙袋に入っている上石津の特産品などがもらえます。
今日の景品は
山の里のニンニク味噌
たあちゃんの高級こめ米たまご
パンカフェみわの食パン
あと、いろいろ

さて、光玉朋園社長のたあちゃんこと三輪唯夫さんが
このたび、自社製品のこめ米卵を原料とした
「こめ米たまご」のマヨネーズを岐阜県の六次産業化商品として
開発・販売されました。
まさに苦節3年。
10数回の試作を経て、ようやく世に出たすぐれものです。

今回のレココンでパンにつけて食べて
みなさんに試食して頂きましたが、たいへん好評でした。
残ったマヨネーズも争奪戦になっておりました。
レココンの後に、わざわざ買い求めに行かれた方もあるようです。

現在、販売店は
パンカフェみわ
手づくり工房あめんぼ
です。

ただ今、こめ米たまご1パック(10個入り)をお買い求めごとに、
サービス券1枚を進呈中だそうです!

こめ米たまごを食べて
マヨネーズをもらおう!













2018年4月9日月曜日

山寺レコードコンサート 第10回開催

先日、4月7日(土)、山寺レコードコンサート第10回が開催され、50数名が参加。
MCは「ムジカコーポレーション」の真壁征生(まかべ いくお)さん、そしてスペシャルゲストに「やぎたこ」さん(やなぎさん/辻井貴子さん)のお二人をお迎えし、アーリーアメリカンの音楽や日本の名曲たちに酔いしれたひとときでした。
セットリストなど詳細はムジカさんの公式ブログをご覧ください。

考えてみれば、もう5年も経つんですね。
多くの方々に支えられ、ご参加頂きました。
最近ではお寺でのコンサートなども増えてきましたが、山寺レコードコンサートはまさにその走りともいえるイベント。お寺でこうしたイベントを行うことについては賛否両論ありますが、当寺の住職はお寺に広くいろいろな方に来て頂き、交流の場にしたいということで、賛同してくださる方々のご協力を得て開催しています。
これは、今まで私が地域の行事に関わってきてこれからも自分なりの考えで関わっていこうとすることと共通しています。
ですから、私も協力しています。
今回は久しぶりに岐阜からおいでいただいたお友達が、山口百恵ちゃんのレコードを持ってきてくださいました。

すばらしいライブ
そして、すばらしい録音をすばらしい音で聴く
さらに、そんな時間を多くの人たちと共有できたら、とても幸せです。

山寺に来て幸せになっていただけたら、それこそ、そこがお浄土です。

極楽浄土とはあの世のことではありません。
この世にこそ、極楽浄土は存在するのです。

これからもお寺がそんな場所になれるよう、頑張っていきたいと思います。